栃プロ

栃木発「プロフェッショナルな自分を目指そう!」

【はじめての面接対策】あなたの成功体験を教えてください

「今まで働いてきた中での成功体験を聞かせてください」と聞かれると

「待ってました!」

とばかりに話せる人と

「成功と言えるかどうかわからないんですが...」

と恐縮する人といろいろだと思います。

 

転職活動に関するアドバイスをまとめているブログです。今回の記事では面接対策では、特に「あなたの成功体験を教えてください」「仕事上で成果といえるものを教えてください」と聞かれたケースを考えます。

f:id:flowers4algernon:20200409105541j:plain

栃木県のキャリアコンサルタント、吉田です。

 

・社内外の人達と信頼関係をつくることができました。

・研究して何々ができるようになった。

・新しいことにチャレンジしてやり遂げた。

だと学生レベルなので

「それによって、どのように会社やチームに貢献できたのか」

を伝えたいところです。もちろん成功体験は恐縮して話す内容ではないので、自信を持って伝えたいですね。


面接担当者はあなたを採用して入社してもらってから、同じように活躍できるかどうか「再現性」を聞きたい気持ちがあります。そこを確認しないと、面接担当者も上司に報告しにくいです。面接担当者が直接採用を決めるケースは少ないと思います。面接担当者が社内であなたのことを報告する場面をイメージするとわかりやすいですね。

あまりに

「特殊なものを作りました」

「やり遂げました」

だと「その経験、ウチの会社で使える経験かな?」と思ってしまいます。異業種への転職ならなおさらです。「どこに行っても私は活躍できますよ!」というヒューマンスキルをアピールすることもできるのですが、この話にピンとこないのであれば無理せずにストレートにビジネススキルを伝えましょう。


ここは

「◇◇を目的としたプロジェクトに関わり◆◆を達成しました」

「△カ月かけて☆☆をゼロにしました」

のように、ウチの会社でも活躍できそうじゃん、と思わせることが大事です。

「〇〇のもとで▼▼をサポートしました」

でも充分でしょう。

自分のキャリアを振り返って「予算比105%達成しました」や「年間10件の新規開拓に成功しました」のようにズバリと言えるとラクですが、なかなか数字で表せる成果が見つからなかったらどうしましょう。そのときは、目的を理解して、その目的に沿った行動をとったことをアピールすれば良いです。


中途での採用ということは

「即戦力までは欲張りだけど、ある程度すぐ戦力になってほしい」

が企業側の本音です。たまたまのホームラン体験ではなくて、いつも再現できるクリーンヒットかどうかチェックしてみましょう。

f:id:flowers4algernon:20200409105114j:plain